援助交際でしか味わえない

若い女性とセックスしたい!でも援助交際って大丈夫なの?

男性にとって、若い女性、特に十代とセックスをするというのは手に届きそうでなかなか届かないロマンのようなもの。
中学や高校の時にやっておけば…と大人になってから後悔している方も案外いたりして、大人になった男性が女子高生とセックスをするというのは、特に憧れのようなものがあります。
そういったロマンを求めて自分を抑えきれず、手を出してしまうのが援助交際です。
援助交際といえば、数年前に大きな社会問題となりました。
というのも実際に行っていたのがほとんど女子高生で、中には女子中学生が関わっていたことも。
そういった低年齢層が援助交際を行うことでトラブルに巻き込まれるケースが多くあり、社会問題となっていたのです。
その当時はポケットベルや携帯電話が普及し始めた頃でもあり、女子高生や女子中学生の遊びの幅、質が大きく変化してきた頃でもありました。
そうしたツールを得ることで誰とでも、いつでも連絡が取れるようになり、業者の仲介を得て援助交際をする子、街で声をかけられやすいようなスポットに自ら行って声をかけられるのを待つ子など、援助交際をしているというのがステータスだと感じている子もいたようです。
そういった時代背景から、女子高生と援助交際し、セックスをするということに男性側も抵抗がなくなり、あちらこちらで年齢差のあるようなカップルが見られるようになっていたのです。

18歳未満との援助交際は違法

援助交際は金銭のやりとりが前提となるので、言うまでもなくそれは売春と呼ばれる行為にあたります。成人しているならまだしも、未成年、18歳未満の高校生や中学生との売春行為は犯罪となってしまいます。
18歳未満との売春は児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律という法律で定められており、それをに反する行為をしてしまうと5年以下の懲役または500万円以下の罰金を科せられてしまうので、人生を棒に振ってしまう可能性が大きいのです。
また、自治体によっては条例を出しているところもあり、例えば東京都であれば「東京都青少年の健全な育成に関する条例」というものが定められています。
これに関して明確は罪に問われるというよりも、各自治体で罰金などが科せられることが多いですが、どちらにせよ自分自身の人生経歴に傷をつけてしまうことには変わりません。
条例があるということは、自治体の中でそういった行為がないように目を光らせている人達が多くいるということにもなります。
条例では罰せられないからと安心するというのは大きな間違いで、18歳未満に対して援助交際をすると法律違反になってしまいます。
援助交際は大きなロマンもありますが、同時にそれ以上の大きなりすくというのも背負わなくてはならないのです。

援交募集掲示板などを上手く使ってリスクを回避

では、近年では援助交際はほとんどなくなっているのでしょうか?
答えは「ノー」です。
確かに法律や条令が以前より厳しくなり、取締りを受けてしまう人も増加していますが、それはあくまで18歳未満の女の子と援助交際をして肉体関係を持った人のこと。法律で定められているところでは、18歳未満との売春行為及びそれに準ずる行為となっており、例えばインターネット掲示板やSNSサービスでそういった女性と知り合い、チャットやメッセージなどで会話をする際に性行為を促すようなことを書き込むだけでもうアウトなのです。
そういった全年齢対象のサイトで非健全な書き込みや勧誘のようなことをしてしまうとサイトが使えなくなったり場合によっては警察が絡んでくることもあるのです。
しかし、パソコンやスマートフォンが誰でも持てる時代になり、インターネットもほぼ誰でも扱えるほど普及したこともあって、援助交際や無料の掲示板などは今が全盛期ともいえるほど充実してきています。
上手く若い女性と関係を持っている人は、そういったサイトやサービスを有効に使っているのです。
こういったサービスは基本的には18歳未満は使うことができないようになっているのですが、中にはお金ほしさに年齢を偽ってサイトに登録し、援助交際の機会をうかがっている女子もいたりします。
また、普通に使っているだけでは悪徳業者に引っかかって詐欺にあってしまったり、先ほど説明したような年齢詐称をしている女性に当たってしまって後々警察沙汰になってしまったりというケースもあるので、相手を探す際に初めから20代以上限定に設定するのはもちろんのこと、サイト内で隠語を使用したりして最悪のケースを避ける必要があります。
上手く使えば自分の好みにあった女性と出会うことができ、非常に高い確率でセックスをすることもできるサービスなので、使い方を間違えなければ生活に潤いを与えてくれることでしょう。

このように、女性と上手に関係を作っている人達は、危険な目に遭わないようにリスクを回避しているのです。
そのためには、援助交際をすると発生してしまうリスクや落とし穴を理解する必要があるのです。
先にも書きましたが、一番まずいのは18歳未満の女性と関係を持つこと。
これは問答無用で警察に捕まってしまいますし、それを悪用して脅迫してくるような人もいたりするので、細心の注意が必要となります。
これくらいいいだろうという、小さなきっかけで人生を棒に振ってしまわないためにも、節度を持って楽しむようにしましょう。